住宅ローンのダブルローン

住宅ローンの利用

ダブルローンという言葉を聞いたことが有るでしょうか?ダブルローンという言葉が使われるのは、住宅ローンです。
住宅ローンというのは名前の通り住宅を購入する際に利用するローンのことですが、このローンをダブル、すなわち2つ使用するというのがダブルローンの意味となります。


2つのローンを利用する理由となるのは、住み替えが必要な場合などです。
何かしらの理由によって今の家から次の家に移りたい場合、先に次の家を確保して置かなければ万が一何かしらの理由で購入が滞ると住む場所がなくなってしまいます。
こういった場合には、現在の住宅に使用している住宅ローンとは別に、新規物件のための住宅ローンを組む必要が出てきます。
この状態のことをダブルローンと呼ぶわけです。


ただ、このダブルローンについては、まだまだそれほど認知度が高いわけではありません。
そもそも一つ住宅ローンを抱えている状態で、次の物件のための住宅ローンを組む事ができるのか?ということについて知らない人も多いでしょう。


中には業者のがわがダブルローンを組む事は出来ない、ということを説明してくる場合もあります。
この先では本当にダブルローンを行う事はできるのか?その際に業者の言うことはどのようなことで、間違いはないのか?ということについて紹介します。


さらに、その上でダブルローンを組む場合の注意点などについても紹介し、スムーズな住替えの参考にして頂ければ幸いです。


Copyright © 2014 住宅ローンのダブルローン All Rights Reserved.